先日、ベトナム・ホーチミンに1週間程度滞在してきました。ベトナムでは、333(バーバーバー)やサイゴンビールといった汎用品からクラフトビールまで様々なビールがあります。あまりに数が多くて、私でさえも覚えられそうにないのでこの記事でテイスト印象を投稿します。ベトナムでのビール消費は結構高く、韓国に次ぐ消費量を誇るようです。ホーチミンで歩いても豊富な種類のビールが飲めるため、それだけ需要があるのだろうと思います。


街でよくみかけたビール

BIA HANOI(ビア・ハノイ)

Biere Larue(ビア・ラルー)

Huda(フーダー)



日本より安いビールの値段

多くの東南アジアの国がそうであるように、ベトナムでもビールが安く飲めます。豊富な種類のビールが街中に溢れています。ベトナムはビール好きにはたまらない国だと思いますね。スーパー、コンビニでの汎用ビールの価格は100円未満とお財布に嬉しい限りです。

バー、レストラン、ホテルでの飲酒は割高になりますがそれでも同じシチュエーションの日本と比べれば半額以下でビールが飲めます。もはや、お茶がわり。

ベトナムでの缶ビール一般価格 

  • スーパー、コンビニ:VND10,000前後(日本円で50円位)
  • バー、レストラン:VND35,000〜(日本円で175円位)

 


氷と一緒に提供されることも

レストランやバーで飲んでいると氷と一緒に提供されることがあります。ビール好きな人なら「氷で飲むなんて邪道」「せっかくの味が薄まってしまう」と思うかもしれません。

東南アジアあるあるですが、たまに冷えていないこともありこういう提供をされます。フィリピンは特にその傾向が強く、ほぼデフォルトで氷が出てきます(言い過ぎかなw)。ベトナムは印象的にはフィリピンほどではないけれど、氷の入ったグラスと缶が出てきたり、注文の際に「ウィズ アイス?」なんて聞かれました。

 


街中でよく見られる「おなじみ系ビール」

飲んだ瞬間、ほのかに甘みが広がる、「333(バーバーバー)」。

女性には飲みやすくて良いかもしれない。男性でビール慣れしている日本人には物足りないかな。